2017年11月に新宿メリーゴーランドにて初ライブを行う。


LIVE

2018/3/13(火)

Sound Cloud Presents
「オトフルヨルVol.2」 supported by T-RECKLESS creative forest

Sound Cloud / ハルノナミ / DireWolf / 王様はベイビー
OPEN 19:00 / START 19:30
前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000(+1Drink¥500)

MUSIC

「夏時計(LIVE in 171108新宿メリーゴーランド)」

公園の砂場に幼き日を描いてる
全て僕の目には新しく映っていた
公園の並木道を抜けると
涙を浮かべてみている僕がいた

何故だろう?無邪気な心は
悲しいまでに無機質で
今とあの頃の僕は何が変わったの?

公園の砂場に幼き日を描いてる
全て僕の目には新しく映っていた
公園の並木道を抜けると
君の姿はもう見えない

夢を描き 追いかけて
擦り減らし 繰り返しては
僕という人間の身の丈を思い知らされる
忘れまいと握り締めた 
君の手紙 褪せた言葉
記憶辿る 思い手繰る 新しい朝

ありがとうもさよならも
音に出来ず飲み込んだ
白みはじめてく空が答えなんだろう

何故だろう?無邪気な心は
悲しいまでに無機質で
今とあの頃の僕は何が変わったの?

何故だろう?無邪気な心は
遠い昔の思い出
セピア色した大空
当てもなくどこまでも

 

「おかしも(LIVE in 171108新宿メリーゴーランド)

言わないで言わないで言わないで
これ以上知らないことを言わないで
行かないで行かないで行かないで
これ以上寂しい想いをさせないで

ずっと私だけが特別だと思っていた
みんな私が必要だと思っていた
私は独り幸せに感じていた

でも違ったの
それは私への同情で
苦しい優しさだった
皆気付かないと思って
ふざけた笑顔の仮面をつけて
隠していた

見せないで見せないで見せないで
これ以上嘘で塗られた笑顔を見せないで
壊して壊して壊して
これ以上苦しくなるくらいなら壊して

嘘で終わってしまうくらいなら
こんなふざけた世界
なくなってしまえばいいんだ

逃げないで逃げないで逃げないで
これ以上自分の真実から逃げないで
言わせて言わせて言わせて
せめて嘘のない
未来に向けた私の想いを言わせて

 

「向日葵の唄(LIVE in 171108新宿メリーゴーランド)」

今は歩けるよ 前より髪が伸びて
明日の今頃の君はもっと遠く
焼けた背表紙に 今でも重ねている
悩んで出した結論に追いつけそう

こんな夜は眠りまで
全て闇に飲み込まれ
明日の朝には 僕は息を吸う
かすかに大きな

僕や君の未来に幸あれ
埃まみれた道になるだろう
いつか大きくなってまた会おう

こんなとこで負けるかと
手招く夢の間で
明日の言葉に もう迷いはない
確かに大きな

僕や君の未来に幸あれ
埃まみれた道になるだろう
そしてまだ見ぬ場所は
もう すぐそこだ

僕は今日も力を蓄え
相も変わらず伸びる向日葵
いつか大きくなってまた会おう

 

「君は空(LIVE in 171108新宿メリーゴーランド)

もしも君が今望むなら
どんな願いでも叶えるよ
過去未来の類以外なら構わない

かわりに願いを一つだけ
大した願いじゃないけど
あるべき姿の探し方 教えてよ

君は空舞い踊る
僕はそれを見上げる
雲の影に揺れて滲む表情を
両手を広げ見送れば
もがいて築いた昨日が笑ってたんだ

深く根を張るんだ
孤独の果てまで
嫌いな僕が消え去るまで

向かい風に乗って
君の場所まで飛べたら
僕の目には何が映るだろう?

運命と対峙して
すくむ足に気付いた
やがて覗く浅く淡い覚悟の
他人事のような遠い目は
憂いか惑いかそれでも笑ってたんだ

深く根を張るんだ
孤独の果てまで
嫌いな僕が消え去るまで
向かい風に乗って
伸びた影を越えたら
僕は君に何を話すだろう?

深く根を張るんだ
孤独の果てまで
嫌いな僕が消え去るまで

向かい風に乗って
君の場所まで飛べたら
僕の目には何が映るだろう?

 

「Circle(LIVE in 171108新宿メリーゴーランド)

この広い海には
数え切れない命がある
ここで生まれることは
大きな奇跡なんだ

波に乗り
嵐を超えた先には
新しい世界が待ってる

全て繋がってる
僕のまだ見たことない世界も
早く見て見たいな
広いあの海の向こう側を

この広い海にあるのは
奇跡だけではなくて
苦しみや悲しさも
溢れるほどあるのさ

波が覆い
迷うこともあることもあるけれど
大丈夫、君は一人じゃない

全て繋がってる
これから出会う知らない人たちも
早く出会いたいな
広いこの新しい世界で

ありがとう
ここに居られるのは
僕だけの力じゃない

全て繋がってる
僕のまだ見たことない世界も
早く見て見たいな
広いあの海の向こう側を